ZEB普及目標と実績

ZEB普及目標

2025年度に自社が受注する設計・コンサルティング業務のうち、ZEB が占める割合を50%以上を目標とします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7c70fb6eeecce7289a3f6282df29c0f4-1024x138.png

省エネ建築物の実績一覧2022(一部抜粋)

建物名称用途竣工年構造・延床
岡山市立政田こども園こども園 2024 S 造2階
1062.94 ㎡
サクセスマンションこども園2023S造平屋
2804.08 ㎡
株式会社西郡商店事務所 2023S 造2階
876.50 ㎡

省エネ建築物の実績一覧2021(一部抜粋)

建物名称用途竣工年構造・延床
岡山市立陵南幼稚園こども園 2022 S 造平屋
469.10 ㎡
サクセスマンション集合住宅2023(予定)RC 造4階
1327.0 ㎡
吉田水産運輸株式会社 本社物流施設 2022S 造2階
665.0 ㎡

                     

具体的なZEB普及策                               

ZEBの周知・普及に向けた具体策

弊社ホームページや顧客への対面での説明によって、多くのお客様へZEBを周知していただき、ZEBのメリット等、積極的にPR活動を行います。

ZEBのコストダウンに向けた具体策

基本設計より、設備機器、断熱工法・断熱材の性能の検討、開口部性能などの性能とコストバランスの調整を図るとともに、ZEBの標準化による適正価格を探り、コストダウンを行います。

その他の取り組み

積極的に勉強会に参加し、ZEBに関する知識向上、設備機器、資材の情報収集に努めます。

環境に配慮した建物のことは、お気軽にご相談下さい。